2005年8月 2日 (火)

教育情報共有化促進モデル事業

 兵庫物理サークルの実験ビデオ制作が、文部科学省の平成17年度教育情報共有化促進モデル事業(新規・特別枠)に採用されました。

 兵庫物理サークルのメンバーがこれまで授業実践を通じて研究、開発、改良してきた実験をビデオ化し、CDやホームページの形で公開するというものです。実験の他、科学史、最新研究、実生活との関わりなども紹介するコンテンツを制作します。

どうぞ ご期待ください。

2005年5月15日 (日)

実験ビデオ制作

兵庫物理サークルのみなさんへ

以前物理サークルでは実験ビデオを順次制作していこうという話になっていました。そのまま進行しませんでした。

 version今年は「世界物理年」です。各地のサークルが色々な催しに取り組んでいます。特に大阪では、「アインシュタイン祭り」に取り組み、大学、教育関係者のみならず一般市民も多数参加し反響を呼んでいます。私たち兵庫物理サークルもこの記念すべき年に何をするか、その一つとして実験ビデオ制作をしようということになりました。

 メンバー各自が実験を持ち寄り、撮影、編集しCDまたはDVDの形で配布したいと思います。第1回は5月19日、私の勤務校で行います。テーマは「ビースピ」です。撮影用のセットを作り、本格的にやりたいと思っています。

 実験映像に科学史、科学者、解説などをつけ、授業で使うほか、一般の方にも興味をもってもらえるビデオにしたいと思います。みなさんのご協力をお願いします。

兵庫物理サークル4月例会

久しぶりに例会に参加しました。話題は東京で買ってきたおもちゃです。

DSC00093

写真1 TAKARA ちびっこチョロQ フェアレディーZです。

全長4cm、赤外線リモコンで前進、後退します。

 DSC00097             

写真2 内部の写真です。

この優れものが500円程度だったと思います。

     

DSC00094写真3 マグネティックトップ 

回り続けるコマです。科学未来館のミュージアムショップ(売店)で買いました。1050円。006Pの電池とコイルが台の中に入っていて、コマの裏にはフェライト磁石がついています。なぜ回り続けるのでしょうか?

DSC00096 写真 4 SPACE COMA

子どものころ地球ごまと呼んでいました。欲しくて欲しくてたまらなかったのですが、高くて買えなかったのを覚えています。記憶にある地球ごまは、金属製で模型屋のショーウインドウの中で輝いていました。これは軸受け以外は樹脂製で、回すのも鋸歯のついた樹脂製の弓を本体のギヤにかけて引いて回すようになっています。昔は凧糸で回していました。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ